CVPPPの取り組みについて

CVPPP(包括的暴力防止プログラム)とは精神医療の領域において発生する興奮や攻撃、暴力に対し、専門的な知識や技術を基に包括的に対処できる技能であり、医療環境や医療の質の向上を図ることを目的としています。
スタッフが高いコミュニケーション技術を持つことで、暴力を未然に防ぐことができ、もし暴力があったとしても、チームテクニクスによる身体介入を行う事で、お互い治療的関係を保つ事ができます。
当院では独自にCVPPP委員会を設置しており、昨年度より院内の組織として計画的かつ継続的に研修を行っています。現在はインストラクター2名、トレーナー33名(今年度はトレーナー9名育成)が中心となり、各病棟で活躍しています。新病院においては医療観察法病棟開設が予定されており、今後も安全安心な看護を提供するために継続的に取り組んでいきます。
看護部