看護部の教育

教育理念・目的・目標

教育理念

共に学び、共に支援し、共に成長する

目的

看護専門職として、責任ある看護を提供するために
職員の資質と意欲の向上を図る

目標

医療チームの一員として、安全で安心な看護が提供できる
専門的知識・技術・態度の向上を図る
看護研究を実践・支援できる
自己啓発・生涯学習の動機付けを行う


看護職員現任教育の意義

看護師個々の成長が組織の成長へ繋がるために教育の意義がある。
こころの医療センターの看護職員は、病院及び看護部の理念に基づき、常に生命・人権を尊重し、心のこもった信頼される看護を実践し、精神科医療チームにおける役割を適正に達成する責任を果たす事が求められている。
責任をもって信頼される看護をするためには、各看護師が臨床において常に学ぶ姿勢で行動し、根拠となる関連法の理解の基、多職種と協働できるよう組織全体で支援し合い役割機能を発揮する事が大切となる。
また、県立病院職員に期待されている役割を意識し、看護専門職としての知識・看護技術・態度を身につけ、生き生きと働き続けられるために研鑽の機会を得、看護の質向上と看護師としての資質の向上・キャリア支援を図る必要がある。
看護部教育システムをH23年度に見直し、キャリア開発プログラムを導入し、看護師としてのキャリア開発支援のツールとした。

 

キャリア開発フロー

 

教育カリキュラム

 

看護学生の実習について

精神科認定看護師志願者実習指定施設について

当院は、精神科認定看護師志願者実習指定施設として、下記の実習を受け入れております。
1)施設実習受け入れ領域
行動制限最小化看護・精神科訪問看護・うつ病看護
2)見学実習
行動制限最小化看護・精神科訪問看護・児童思春期看護・うつ病看護

看護学校実習の受け入れについて

下記の看護学校の実習を受け入れております。
・ 鶴岡市立荘内看護専門学校
・ 酒田市立酒田看護専門学校
・ 鶴岡准看護学院


看護部からのお知らせ