専門スタッフ紹介

看護部専門スタッフのご紹介

認定看護管理者

斎藤 由美(副看護部長)
地域の精神科医療の基幹病院としての役割を果たし、多様なニーズに対応できる看護師の育成に努めています。

認定看護師・精神科認定看護師

私たちは、認定看護師(日本看護協会)・精神科認定看護師(日本精神科看護協会)です。
スタッフと連携しながら、質の高い看護を目指し日々活動しています。院内活動としては、患者さんへの直接的な援助・ケースカンファレンスへの参加及びスタッフへのアドバイスなどを行い、院外においては職能団体での研修会講師、地域からの依頼を受けたメンタルヘルスをテーマにした住民向け学習会の講師などを行っております。
本間 郁(認定看護師:皮膚排泄ケア看護)
ストーマ、創傷、失禁などに伴い生じる問題をアセスメントし、専門的な知識と技術を持って、QOLの向上につながるようケアを行っています。さらにスタッフへの指導・相談を通して、院内全体の看護の質向上を目指しています。
◇冬のスキンケア(乾燥対策)についてご紹介します⇒冬のスキンケア(乾燥対策)


佐藤 亮(精神科認定看護師:行動制限最小化看護)
精神科病院では、入院することで治療上様々な制限を受けることがあります。そういった制限を人権擁護・法令遵守の視点からできる限り少なく、早期に制限がなくなるように当院スタッフと一緒に取り組んでいきます。
◇精神科における行動制限についてご紹介します⇒精神科における行動制限


齋藤 教子(精神科認定看護師:精神科訪問看護)
当院では外来通院し、主治医より指示のある方へ訪問看護を実施しています。看護師、保健福祉士がお伺いし服薬の指導、地域で生活していく上で困っている事、また家族の相談に応じています。訪問看護利用者と一緒に考えながら自分らしい生活が送れるように支援していきます。
◇ご覧ください⇒訪問看護スタッフ紹介


渋谷 るみ(精神科認定看護師:児童・思春期精神看護)
入院された子どもにとって、ユニットでの生活、他患者や医療者との関わりが重要な治療となります。より治療的な環境を整え、効果的な関わりが持てるよう、スタッフと共にスキルアップをめざします。
◇子どもとうまく関わるコツをご紹介します⇒子どもとうまく関わるコツ


清水 義人(精神科認定看護師:司法精神看護)
当院は平成27年3月9日、東北・北海道地区で2番目となる医療観察法病棟を開棟しました。重大な他害行為を行った精神障がい者に、多職種によるチームアプローチで連携を取りながら、慎重にかつ早期に退院支援を進めていきたいと考えています。
◇精神鑑定の種類と目的について⇒司法精神看護


若松 健也(精神科認定看護師:精神科薬物療法看護)
薬物療法の作用、副作用の生活における影響を正確にモニタリングし、チームで検討することで、患者さんがより自分らしく生活できることを目標に活動しています。また、看護スタッフへの学習会の開催、個別相談を通して病院全体の看護師のスキルアップを目指しています。
◇おくすりと自然治癒力について⇒おくすりと自然治癒力の話


安部 和明(精神科認定看護師:うつ病看護)
現在うつ病看護を専門領域として活動しております。患者さんへの援助をはじめ、各カンファレンスへの参加やスタッフへのアドバイスなどを行い、病院全体での看護の質向上を目指しています。また、地域からの依頼を受けた住民・企業向けの学習会も実施しておりますので、お気軽にご相談ください。
◇こころの健康を保つために【ものは考えよう】の実践方法をお役立てください⇒《認定健康情報》


板垣 健(精神科認定看護師:精神科身体合併症看護)
精神科身体合併症とは簡単に言うと、精神疾患と身体疾患を併せ持った状態です。認定看護師は、このような患者さんが安心してよりよい入院生活を送れるように、専門的知識を持ち心身両面からのアセスメントを行い適切な看護ケアを提供していきたいと考えています。
◇精神身体合併症看護についてご紹介します⇒精神科病院で身体をみること


佐藤 香澄(認定看護師:摂食嚥下障害看護)
仕事と勉強の両立は大変でしたが、スタッフの皆さんに協力してもらいなんとか合格する事ができました。患者さんの食べたいという気持ちに寄り添った認定看護師を目ざし頑張っていきます。


渡部 真紀(認定看護師:認知症看護)
認知症の方の気持ちに寄り添い、できる事に目を向け、その人らしく生活できるよう援助していきます。スタッフと共に悩み、共に成長していきたいと思います。


髙山 公利(認定看護師:感染管理)
精神科における感染対策は精神疾患の特殊性・病院構造上の特殊性を考慮する必要があると考えています。感染管理は安全の質にかかわる重要な課題であることを認識して活動していきたいと思います。


包括的暴力防止プログラム(CVPPP)インストラクター

菊地 義和
包括的暴力防止プログラムは、【暴力への介入】とイメージされるかもしれませんが、一番重要な事は暴力を未然に防ぐ【予防的な介入】です。このことを意識して日々ケアにあたり、また、インストラクターとして病院を横断的に活動して包括的暴力プログラムの普及・スタッフ育成に努めております。
佐藤 亮
H27年3月にインストラクターの認定を受けました。暴力を未然に防ぎ、患者さん・職員共に不利益が生じることのない、安全な医療の提供を目指していきたいと思っています。今後は院内・院外を問わず活動していきたいと思っています。


認定看護師集合写真


認定看護師からのお知らせ