薬剤科

薬物療法を通して、
患者さんがより良い人生を歩めるようにお手伝いします

薬剤科と言うより、「薬局」と言った方がおなじみかと思います。
病院の正面玄関から外来入口を入って左側に薬局の施設があります。
薬剤科は、安全で効果的な薬物療法をささえる医療チームの一員として患者さんの治療をお手伝いします。お薬についてご不明な点は、お気軽にご相談下さい。

薬剤科の仕事を紹介します

調剤

主に、入院患者さんのお薬の調剤をおこなっています。
外来の患者さんのお薬については、原則として院外処方せんの発行による医薬分業体制をとっています。
処方箋の処方監査を行い、その後内服薬は服用時ごとに1包化し、氏名及び服用時などの印字を行うことにより、患者さんが服用しやすく、また病棟での管理がしやすいよう工夫しています。

入院患者さんへの服薬指導(薬剤管理指導)

入院中の患者さんを対象に行っています。お薬に関する正しい知識を持っていただくことにより、患者さんが退院後も服薬を継続し、安定した状態を保つことが出来ることを目的としています。
患者さんの個々の状態に応じた支援を心掛けています。

医薬品情報管理

医薬品に関するあらゆる情報を迅速かつ正確に収集・整理・評価し、患者さんや医療スタッフに提供しています。
良質で適正な治療を実践するための基本となる業務です。

チーム医療への参加

多職種でチームを組んで、入院中の患者さんやその家族に対して、病気とうまくつきあっていくためのグループ学習を行っています。薬剤科は、服薬意義、服薬継続のための工夫などについて説明しています。
また、感染対策チームの一員として定期的に各部署を回っています。

医薬品の適正管理

内外用薬・注射薬等の購入、品質管理を行っています。病棟・外来の配置薬に関しても、種類・数・保管方法及び有効期限等をチェックし、管理しています。薬事委員会を通じて、後発医薬品(ジェネリック医薬品)の使用促進にも努めています。