学生コラボ おいしい減塩メニュー

山形県立米沢栄養大学と山形県立病院栄養管理部門は、連携して本県の保健医療の質の向上、人材の育成・資質向上への貢献に取り組んでいます

9月26日(水)の昼食に山形県立米沢栄養大学の学生さんが考案した【学生コラボ おいしい減塩メニュー】が県立4病院で提供されました

「ボリュームたっぷり大満足!豚肉ソテーの減塩和定食」
• みょうがご飯
• 豚肉の味噌マヨソテー
• 生揚げとなすのあんかけ
• 大根と菊の彩りなます
• ヨーグルトゼリー
塩分量合計
 1.8g(1食あたり)
※当院ではジョアも付きました


みょうがごはんは、かつおと昆布の合わせ出汁で炊いたごはんに刻んだみょうがを混ぜ合わせることで風味良く仕上がりました。
主菜はしっかりめの味付け、副菜は酸味や香りを活かし塩分を控えめにすることで、おいしく減塩することができます。
当日は米沢栄養大学の学生が盛付けし、病棟で実際に食事を召し上がっている患者さんに声がけも行いました。
多くの患者さんから「おいしい!」という声を聴くことができました。