病院からのお知らせ[一覧]

平成28年度患者満足度調査を実施しました

平成28年8月から10月の間、患者満足度調査を実施し、その結果がまとまりましたのでご報告します。 皆様の意見等については、今後の病院運営の参考とさせていただきます。ご協力ありがとうございました。 ●調査結果はこちら ⇒平 […]
つづきを読む


体育館使用許可申請書の受付(平成29年3月)

こころの医療センターでは、センターへの地域理解を促進するため、体育館を県内のアマチュアスポーツ団体に開放(体育館を貸し出し)しています。  3月分の体育施設開放(体育館貸し出し)について、申請書の受け付けを以下のとおり行 […]
つづきを読む


うつ病・躁うつ病などの疾患学習会について

ストレスケアユニットでは、うつ病・躁うつ病などの疾患学習会を実施しております。 心と身体が休息されたのちは、退院に向けて、その方に合った治療プログラムに参加していただきます。 医師をはじめ、作業療法士、臨床心理士、薬剤師 […]
つづきを読む


【寒だら汁】(1月12日昼食)

1月12日、真冬日(暴風雪)の庄内でしたが昼食に寒だら汁をお出ししたところ「体が温まっておいしい!」と大変喜ばれました。 ごはん 寒だら汁 えのきと青梗菜のお浸し 人参しゅうまい クラッシュゼリー 牛乳   数日前からの […]
つづきを読む


平成29年2月のデイケアプログラムを掲載いたしました

平成29年2月のデイケアプログラムを掲載いたしました。 デイケア月間プログラムの詳細はこちら⇒プログラムH29.2月(PDF形式・294KB)                 1月のプログラムはこちらから⇒部門 […]
つづきを読む


病院事業管理者年頭のごあいさつ(平成29年)

1月5日、山形県 病院事業局 新澤病院事業管理者による職員に向けての年頭あいさつが行われました。 その内容をご紹介します。 また、あわせて「病院事業管理者賞」「職員提案の表彰」と「こころの医療センター院長賞」の表彰を行い […]
つづきを読む


【お正月】1月2日(朝食・昼食・夕食)

【朝食】 ごはん みそ汁 お祝い煮しめ お浸し 一口昆布巻   【昼食】 ちらし寿司 揚げ出し豆腐の和風あんかけ 和風サラダ いちごムース ジョア   【夕食】 ごはん すまし汁 金目鯛の幽庵焼き 七福煮なます 蟹の重ね […]
つづきを読む


【お正月】1月1日(朝食・昼食・夕食)

【朝食】 ごはん 正月盛り合せ お浸し はりはり大根   正月盛り合せは『さわらの西京焼き』『かに入り卵蒸し』です 【昼食】 ごはん 正月盛り合せ 帆立の煮物 数の子の和え物 煮豆 だいだいムース ジョア   正月盛り合 […]
つづきを読む


【大晦日】12月31日(昼食・夕食)

【昼食】 年越しそば 天ぷら 酢の物 クラッシュゼリー ジョア   【夕食】 ごはん 納豆汁 口細かれい 炒り鶏 蒸し卵 柚子浸し   今年も大晦日に年越しそばをお出ししました。
つづきを読む


看護職員(臨時職員)募集!

現在、看護師(臨時職員)を募集しています。 当センターの【看護師の募集】のページ⇒【看護師の募集】をご覧ください。
つづきを読む


体育館使用許可申請書の受付(2月)

こころの医療センターでは、センターへの地域理解を促進するため、体育館を県内のアマチュアスポーツ団体に開放(体育館を貸し出し)しています。  2月分の体育施設開放(体育館貸し出し)について、申請書の受け付けを以下のとおり行 […]
つづきを読む


年頭のごあいさつ(平成29年)

1月4日、当センターの神田院長が職員に向けての年頭あいさつを行いました。 その内容をご紹介します。 みなさん、あけましておめでとうございます。 当センターが開院して、今年は3年目に入ります。 最初の年にお話しした通り1年 […]
つづきを読む


【クリスマスメニュー】(12月24日昼食)

24日はクリスマスイヴでしたので、お昼にクリスマスメニューをお出しました。 ~メニュー~ ごはん ハンバーグステーキ ツリーサラダ レモンマリネ Xmasデザート ジョア   調理師さんいわく ツリーサラダをツリーの形に […]
つづきを読む


「安全な食事支援の実践」研修会

12月12日(月)日本赤十字広島看護大学の特任教授 迫田綾子先生を講師に迎えて「安全な食事支援の実践」をテーマに研修会を開催しました。         講義とデモのあと、いつもの方 […]
つづきを読む


CVPPPトレーナーコース研修(H28)

12月6日~9日の4日間『CVPPP(包括的暴力防止プログラム)トレーナーコース研修』が行われました。 当センターのCVPPPインストラクター3名とトレーナー数名(院内にはトレーナーが40名ほどいます)が講師となり、各病 […]
つづきを読む