栄養管理科

栄養管理科では、患者さんの栄養状態が、維持または改善されるように多職種で栄養サポートに取り組んでいます。

栄養指導

当院では、管理栄養士による栄養指導をとおして、患者さんが食事療法を実践、継続できるようサポートしています。
食事療法が欠かせない、糖尿病・腎臓病・脂質異常症・高血圧症・高度肥満症などでは、医師の指示をもとに患者さんに応じた内容で指導を行っています。
また、これらの疾患以外の様々な食事相談にも応じていますので、お気軽にご相談ください。

【曜日】 月曜~金曜(平日)
【時間】 9:00~随時
1回20分~30分程度

※なお、栄養指導には医師の指示が必要です。
ご希望の方は、医師または看護師にお申し出ください。

入院中の食事について

医師の指示により、各患者さんに応じた食事を提供しています。
噛む力や飲み込む力が低下した患者さん向けに、嚥下食も提供しています。
当院の食事形態の詳細については、こちらよりご覧いただけます。

1.食事時間

朝食:7時30分 昼食:12時 夕食:18時
※当院では保温保冷配膳車を使用しています。温かい料理や冷たい料理を適切な温度でお届けしています。

2.選択メニュー

毎週3回(火、水、木曜)実施しています。
毎月第1火曜日は全患者さん、その他は成人食、小児食、エネルギーコントロール食をお召し上がりの患者さんが対象です。

3.季節の食事・行事食について

季節の各行事、鶴岡市の天神祭などの歳時に合わせ四季折々の行事食を実施しています。旬の野菜や果物などを取り入れ、庄内の郷土料理も提供しています。

月の御膳

毎月実施しています

【くいだおれのまち 大阪弁当】(11月7日昼食)2019年11月18日up

    ◇メニュー◇

  • ごはん
  • 串かつ風
  • どて焼き
  • 芋たこなんきん
  • 大阪漬け
  • たこ焼き
  • ジョア


(串は危ないため、抜いて提供しました)

嚥下調整食③はこちら


行事食

随時紹介していきます

【あけび】(10月4日夕食)2019年10月20日up



10/4夕食に、あけびの味噌炒めをお出ししました。
(料理の写真がなくてすいません。)
とてもりっぱなあけびでしたので、掲載いたします。

あけびは種のまわりにある甘いゼリーを食べる果実ですが、皮の部分を料理して食べるのは山形県独特の食文化であり、ほろ苦い味が大変喜ばれています。
収穫の時期は、8月下旬から10月中旬ごろで、近年は全国生産量の9割を山形県が占めています。




米沢栄養大学と県立病院栄養管理部門連携事業


随時紹介していきます

【減塩レシピパンフレットのダウンロードはこちら】
『山形おすすめレシピ 春夏号』
『山形おすすめレシピ 秋冬号』

第7回学生コラボ おいしい減塩メニュー2019年9月30日up

山形県立米沢栄養大学と山形県立病院栄養管理部門は、連携して本県の保健医療の質の向上、人材の育成・資質向上への貢献に取り組んでいます

9月25日(水)の昼食に山形県立米沢栄養大学の学生と県立4病院(中央・新庄・河北・こころの医療センター)の管理栄養士とのコラボレーションメニューを提供しました。
「カレーの味がクセになるぅ♪スパイシー減塩洋食メニュー」
• もち麦ご飯
• かれいのグリル
  カレークリームソース
• カブとエビの
  マヨからし炒め
• 野菜のマリネ
• ハニーミルクプリン
食塩相当量
 1.8g(目標:2g以下)
※当院では他にジョアも提供しました

主菜のお魚は牛乳と生クリームのコクを活かしたカレークリームソースで、食べやすくご飯の進む味に仕上げました。
副菜としては、カブとえびのマヨからし炒め、「食塩相当量0g」とは感じさせない味わいの野菜マリネを提供しました。
当日は、米沢栄養大学の学生が盛付けをしたり、病棟の患者さんにインタビューし「減塩メニューとは思えない。おいしい」等、うれしい感想を多数いただくことができました。





栄養管理科からのお知らせ