栄養管理科

栄養管理科では、患者さんの栄養状態が、維持または改善されるように多職種で栄養サポートに取り組んでいます。

栄養指導

当院では、管理栄養士による栄養指導をとおして、患者さんが食事療法を実践、継続できるようサポートしています。
食事療法が欠かせない、糖尿病・腎臓病・脂質異常症・高血圧症・高度肥満症などでは、医師の指示をもとに患者さんに応じた内容で指導を行っています。
また、これらの疾患以外の様々な食事相談にも応じていますので、お気軽にご相談ください。

【曜日】 月曜~金曜(平日)
【時間】 9:30~随時
1回20分~30分程度

※なお、栄養指導には医師の指示が必要です。
ご希望の方は、医師または看護師にお申し出ください。

入院中の食事について

医師の指示により、各患者さんに応じた食事を提供しています。
嚥下力が低下した患者さん向けに、「ソフト食」というお食事も提供しています。
当院の食事形態の詳細については、こちら(食形態パンフPDF)よりご覧いただけます。

1.食事時間

朝食:7時30分 昼食:12時 夕食:18時
※当院では保温保冷配膳車を使用しています。温かい料理や冷たい料理を適切な温度でお届けしています。

2.選択メニュー

毎週3回(火、水、木曜)実施しています。
毎月第1火曜日は全患者さん、その他は成人食、小児食、エネルギーコントロール食をお召し上がりの患者さんが対象です。

3.季節の食事・行事食について

季節の各行事、鶴岡市の天神祭などの歳時に合わせ四季折々の行事食を実施しています。旬の野菜や果物などを取り入れ、庄内の郷土料理も提供しています。

月の御膳

毎月実施しています

【Happy Valentine’s Day 神戸弁当】(2月14日昼食)2018年2月16日up

2月14日昼食に、月のお膳【Happy Valentine’s Day 神戸弁当】をお出ししました。

    ☆メニュー☆

  • ごはん
  • スペッツァティーノ
     (牛肉トマト煮込)
  • エビとキャベツの
      アンチョビ炒め
  • 蒸し野菜バジルソース
  • さつま芋マスタードマリネ
  • チョコレートケーキ
  • ジョア


 
日本風のバレンタイン文化の発祥については諸説ありますが、一説では神戸の老舗製菓店がはじまりと言われています。
神戸は港町として栄え、諸外国の食文化が発達し今やお洒落な街というイメージがすっかり定着していますね。
そんな神戸をテーマに、洋風な献立にチャレンジしました。
 
スペッツァティーノはローリエと白ワインを入れて煮込んだことでとても香り良く仕上がりました♪
デザートはバレンタインにちなんでチョコレートケーキ。
多くの患者さんが「おいしい」と大変喜んでくださいました。


行事食

随時紹介していきます

【寒鱈汁】(1月18日昼食)2018年1月22日up

1月18日昼食に今年も恒例の寒鱈汁を提供いたしました。

    ◇メニュー◇

  • ごはん
  • 寒鱈汁
  • じゃが芋のそぼろ煮
  • オクラと菊のなめこ和え
  • オレンジ
  • 牛乳


一年で最も寒い大寒を間近に控えたこの寒い時期、荒々しい日本海では真鱈がたくさん獲れます。
庄内では冬に獲れる真鱈を「寒鱈」と呼び、身も骨もぶつ切りにし、アラ・内臓・白子まで鱈の身を余すことなく鍋に入れて煮込んだ「寒鱈汁(またはどんがら汁)」はまさに真冬の庄内の風物詩です。
本日使用した寒鱈は鶴岡市 鼠ヶ関産の地物!!
新鮮で身がやわらかく、絶品。
患者さんも大変喜んで召し上がってくださいました。




米沢栄養大学と県立病院栄養管理部門連携事業


随時紹介していきます

【減塩レシピパンフレットのダウンロードはこちら】
『山形おすすめレシピ 秋冬号』
※印刷する場合はA3サイズ、両面印刷(短辺とじ)、二つ折りがお薦めです

米沢栄養大学と県立病院栄養管理部門連携事業(山形おすすめレシピについて)2017年12月25日up

山形県立米沢栄養大学と山形県立病院栄養管理部門は、連携して本県の保健医療の質の向上、人材の育成、資質向上への貢献に取り組んでいます。

年に1~2回提供していた学生考案の減塩メニューをまとめたパンフレットを、ホームページ上からダウンロードすることができるようになりましたのでお知らせします。
広く県民の皆様にご活用いただきたいと思います。


ダウンロードはこちら⇒『山形おすすめレシピ 秋冬号』(PDF 1.28MB)
印刷する場合はA3サイズ、両面印刷(短辺とじ)、二つ折りがお薦めです

こちらからもご覧いただけます⇒米沢栄養大学と県立病院栄養管理部門連携事業
 
  
  

学生考案“バランス・減塩・地産地消”メニュー2017年10月2日up

山形県立米沢栄養大学と山形県立病院栄養管理部門は、連携して本県の保健医療の質の向上、人材の育成・資質向上への貢献に取り組んでいます

9月27日(水)の昼食に山形県立米沢栄養大学の学生さんが考案した【バランス・減塩・地産地消メニュー】が県立4病院で提供されました

「鶏肉を使用した減塩でもおいしいフレンチの献立」
• ごはん
• 鶏肉のガーリック焼き
   ~グリーンソース~
• 枝豆入りマッシュポテト
• 菊とリンゴのサラダ
• 紅茶ゼリー
• ジョア
塩分量合計
 1.6g(1食あたり)


当日は米沢栄養大学の学生が盛付けや配膳、さらに、病棟で実際に食事を召し上がっている患者様に声がけもしました。



減塩でもおいしいというコンセプトに沿って様々な工夫をこらした減塩メニューについて、多くの患者様から「おいしい!」という声を聴くことができました。





当院のブログにも掲載しておりますので併せてご覧ください
ブログはこちら




平成25年度 四季の御膳

kisetu-zen1
kisetu-zen2


栄養管理科からのお知らせ