栄養管理科

栄養管理科では、患者さんの栄養状態が、維持または改善されるように多職種で栄養サポートに取り組んでいます。

栄養指導

当院では、管理栄養士による栄養指導をとおして、患者さんが食事療法を実践、継続できるようサポートしています。
食事療法が欠かせない、糖尿病・腎臓病・脂質異常症・高血圧症・高度肥満症などでは、医師の指示をもとに患者さんに応じた内容で指導を行っています。
また、これらの疾患以外の様々な食事相談にも応じていますので、お気軽にご相談ください。

【曜日】 月曜~金曜(平日)
【時間】 9:00~随時
1回20分~30分程度

※なお、栄養指導には医師の指示が必要です。
ご希望の方は、医師または看護師にお申し出ください。

入院中の食事について

医師の指示により、各患者さんに応じた食事を提供しています。
噛む力や飲み込む力が低下した患者さん向けに、嚥下食も提供しています。
当院の食事形態の詳細については、こちらよりご覧いただけます。

1.食事時間

朝食:7時30分 昼食:12時 夕食:18時
※当院では保温保冷配膳車を使用しています。温かい料理や冷たい料理を適切な温度でお届けしています。

2.選択メニュー

毎週3回(火、水、木曜)実施しています。
毎月第1火曜日は全患者さん、その他は成人食、小児食、エネルギーコントロール食をお召し上がりの患者さんが対象です。

3.季節の食事・行事食について

季節の各行事、鶴岡市の天神祭などの歳時に合わせ四季折々の行事食を実施しています。旬の野菜や果物などを取り入れ、庄内の郷土料理も提供しています。

月の御膳

毎月実施しています

【まるごと山形弁当】(11月5日昼食)2020年11月13日up

    ◇メニュー◇

  • 雪若丸ごはん
  • 鮭のすだち焼き
  • 牛肉と里芋の煮物
  • フルーツ王国サラダ
  • きのこの塩昆布和え
  • マロンケーキ
  • ジョア


10月の庄内弁等に引き続きまして、11月は山形県内の美味しい食材を使って料理にしたお弁当にしました。
ごはんは新米の雪若丸!当院では初めてのお披露目です。
「雪若丸」という名称は、しっかりした粒感や稲姿(いなすがた)などが男性的であること、際立つ白さとつやのある外観が雪のように美しいことを表しています。
さらに、白さとつやの特長が「つや姫」に似ていることに加え、山形県で「つや姫」の次に生まれたお米であり、「つや姫」の弟をイメージさせるのにふさわしいとして、この名称に決まりました。
山形県は雪国であり、雪は豊かな水源となり、豊かな恵みをもたらします。
米どころ山形が産んだ「雪若丸」が、「つや姫」に続くブランド米を目指しています。
(山形「つや姫」「雪若丸」ブランド化戦略推進本部 ホームページより)
鮭のすだち焼きの『すだち』は山形県の産地研究室で栽培されていた庄内産のものです。さわやかな酸味と香りが美味しさを引き立ててくれました。
牛肉と里芋の煮物は、山形牛を使用しています。
果物王国山形県にちなみ旬の果物をたくさん使ってサラダにしました。
海の幸、山の幸、里の恵みを存分に味わっていただきました。
嚥下調整食③はこちら


行事食

随時紹介していきます

【お月見膳】(10月1日夕食)2020年10月15日up

    ◇メニュー◇

  • 芋栗ごはん
  • みそ汁
  • 鮭の千草焼
  • もずくの煮物
  • 青菜菊和え
  • お月見ゼリー



今年の十五夜は10月1日。
中秋の名月は芋名月とも呼ばれており、当院では『芋栗ごはん』と秋の味覚を提供いたしました。
青菜の菊和えには、もって菊を使用しています。
今年も天気がよく、格別に美しいお月見の夜でしたね☽




米沢栄養大学と県立病院栄養管理部門連携事業


随時紹介していきます

【減塩レシピパンフレットのダウンロードはこちら】
『山形おすすめレシピ 春夏号』
『山形おすすめレシピ 秋冬号』
『山形おすすめレシピ 第3号』

米沢栄養大学と県立病院栄養管理部門連携事業(山形おすすめレシピについて)2020年3月3日up

山形県立米沢栄養大学と山形県立病院栄養管理部門は、連携して本県の保健医療の質の向上、人材の育成、資質向上への貢献に取り組んでいます。

年に1~2回提供していた学生考案の減塩メニューをまとめたパンフレットを、ホームページ上からダウンロードすることができるようになりましたのでお知らせします。
広く県民の皆様にご活用いただきたいと思います。


ダウンロードはこちら⇒『山形おすすめレシピ 第3号』(PDF 970KB)

こちらからもご覧いただけます⇒米沢栄養大学と県立病院栄養管理部門連携事業
 
  
  




栄養管理科からのお知らせ