栄養管理科

栄養管理科では、患者さんの栄養状態が、維持または改善されるように多職種で栄養サポートに取り組んでいます。

栄養指導

当院では、管理栄養士による栄養指導をとおして、患者さんが食事療法を実践、継続できるようサポートしています。
食事療法が欠かせない、糖尿病・腎臓病・脂質異常症・高血圧症・高度肥満症などでは、医師の指示をもとに患者さんに応じた内容で指導を行っています。
また、これらの疾患以外の様々な食事相談にも応じていますので、お気軽にご相談ください。

【曜日】 月曜~金曜(平日)
【時間】 9:00~随時
1回20分~30分程度

※なお、栄養指導には医師の指示が必要です。
ご希望の方は、医師または看護師にお申し出ください。

入院中の食事について

医師の指示により、各患者さんに応じた食事を提供しています。
噛む力や飲み込む力が低下した患者さん向けに、嚥下食も提供しています。
当院の食事形態の詳細については、こちらよりご覧いただけます。

1.食事時間

朝食:7時30分 昼食:12時 夕食:18時
※当院では保温保冷配膳車を使用しています。温かい料理や冷たい料理を適切な温度でお届けしています。

2.選択メニュー

毎週3回(火、水、木曜)実施しています。
毎月第1火曜日は全患者さん、その他は成人食、小児食、エネルギーコントロール食をお召し上がりの患者さんが対象です。

3.季節の食事・行事食について

季節の各行事、鶴岡市の天神祭などの歳時に合わせ四季折々の行事食を実施しています。旬の野菜や果物などを取り入れ、庄内の郷土料理も提供しています。

月の御膳

毎月実施しています

【初夏のあじさいお膳】(6月10日昼食)2020年6月15日up

    ◇メニュー◇

  • 冷しうどん
  • ひき肉ではないピリ辛肉みそ
  • たっぷり夏野菜揚げ
  • 温泉卵
  • 大根おろし
  • あじさいゼリー
  • ジョア



今回は、久しぶりの麺お膳です。
ここ最近の暑さでも食がすすむように、また、麺類が食べられない患者さんでも美味しくいただけるようにおかずの内容を工夫しました。
手作りのあじさいゼリーは紫陽花の色をきれいに再現するべく、青、赤でも濃度の違う様々な色のゼリーを取り寄せ、組み合わせました。
試しているうちに、終わりかけのあじさいの色(花びらが茶色くなる)になってしまったり、はっきりした赤を使うと、あじさいのサスペンス劇場!?のような血がしたたるように見えるあじさいになってしまったり・・・
これならいいのでは!?これとこれは!?と試行錯誤の結果、ようやく爽やかなあじさいゼリーができあがりました。

患者さんにも、「また食べたい!」「美味しかった!」「きれいだの」と、大好評でした。



行事食

随時紹介していきます

【天神祭献立】(5月25日夕食)2020年5月29日up

    ◇メニュー◇

  • 赤飯
  • みそ汁
  • 桜ますあんかけ
  • 炒り鶏
  • わらびのお浸し


今年の天神祭は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、例年行われているパレードは残念ながら中止となりましたが、当院ではお祭りの郷土料理をお出しし、お祭り気分を味わっていただきました。




米沢栄養大学と県立病院栄養管理部門連携事業


随時紹介していきます

【減塩レシピパンフレットのダウンロードはこちら】
『山形おすすめレシピ 春夏号』
『山形おすすめレシピ 秋冬号』
『山形おすすめレシピ 第3号』

米沢栄養大学と県立病院栄養管理部門連携事業(山形おすすめレシピについて)2020年3月3日up

山形県立米沢栄養大学と山形県立病院栄養管理部門は、連携して本県の保健医療の質の向上、人材の育成、資質向上への貢献に取り組んでいます。

年に1~2回提供していた学生考案の減塩メニューをまとめたパンフレットを、ホームページ上からダウンロードすることができるようになりましたのでお知らせします。
広く県民の皆様にご活用いただきたいと思います。


ダウンロードはこちら⇒『山形おすすめレシピ 第3号』(PDF 970KB)

こちらからもご覧いただけます⇒米沢栄養大学と県立病院栄養管理部門連携事業
 
  
  




栄養管理科からのお知らせ